catch-img

オーガニックコットンの認証について知っていますか?

オーガニックコットンの認証とは?

世界共通のオーガニック繊維基準は、OCSとGOTSの2種類あります。

OCS(ORGANIC CONTENT STANDARD)は、オーガニックコットンの普及・啓発を目的に2002年米国・テキサス州に本部を置くNGO・NPO団体、Textile Exchnageによって開発されました。その後、環境保 護の観点から、リサイクル原料や森林認証取得原料などオーガニックコットン以外の環境に配慮した素材も含めて適正な利用を促す活動をしています。

GOTS(GLOBAL ORGANIC TEXTILE STANDARD)は、OCSよりも基準が高い点が特徴です。代表的な国際基準策定機関によって、原料の収穫から環境に優しく社会的に責任のある製造を経て、消費者に信頼できる保証を与えるラベリングに到るまで、「繊維製品が正しくオーガニックである」という状況を確保する世界的なルールを定めるために開発されました。

この2つの認証の違いは大きく2つです。

1つ目が、審査基準です。GOTS認証の審査では「加工工程の環境面」や「生産工程の社会面」が厳しくチェックをされます。
2つ目が、オーガニックコットンの使用量です。OCSは、その中で更に”RCS Blended”と”OCS100”の2グレードに分けられますが、前者が5%以上、95%未満、後者が95%以上とされています。それに対しGOTSは、70%以上使用されていることが条件となります。



OCS
GOTS
オーガニック認定原料の使用量
RCS Blended:5~95%
70~100%

OCS100:95~100%


最終製品に認証マークをつけるためには、OCSとGOTSどちらも、原料の生産から、製品の加工、製造、梱包、輸出入そして流通における入荷・保管・出荷時の管理のすべての工程において、認定機関の認定を受ける必要があります。つまり、すべての製造過程の工場が、認定機関によって毎年行われる、実地・書類の両検査をクリアする必要があります。

こうした厳しい審査を経て、トレーサビリティは保証されています。

Contactお問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!